SB-900

2012年02月10日

CP+2012 ―Nikon―

CPプラスへ行ってきた。
目当ては、D4とD800そしてD800Eだ。殊更、D800には大変魅かれるものがあって、
これは見てみたいと思っていた。
50分間ほどの阿部秀之先生のD4、D800、D800Eの説明も大変解りやすいものだった。
FXデビューに差し当たり、どれを選んだらいいのか、正直迷ってしまっていたが、
十中八九、D800に固まった(買うのかよ?夏までにはね)。

自分の主な被写体は風景、スナップ、人物。鉄道も撮影するが、比率的にはさほど高いものではない。
動体撮影のときは、D300(縦グリとEN-EL4a使用)の8コマで事足りる。

冒頭、阿部先生の説明でもあったが、D800はD700の後継機ではない
ネイチャーフォトグラファー、コマーシャルフォトグラファー、ファッションフォトグラファーのプロフェッショナル、
高画素志向のアドバンスアマチュアのための、全く新しい機種であるとのこと。
D800Eは、D800と同じローパスフィルターが搭載されているものの、その効力を無くしたシステムになっており、
空気感、立体感、質感などの再現力に拘る美術品フォトグラファー向けの機種で、
その再現にはレンズの性能も高いものが必要であり、駅の看板のような大きな引き伸ばしがなければ、
D800で十分すぎるほどとのこと。36.3メガピクセルのセンサー、EXPEED3で生み出される描写力は、
阿部先生のプロジェクターでの説明で、唸るものがあった。これはかなりヤバいほどに、周辺描写まで
高精細なのだ。
また、91KピクセルRGBセンサーでのシーン認識にも驚いた。人物認識、輝度差のある場面での
白とび黒潰れのない見た目に近い階調など、度肝を抜かれてしまった。
「D800Eを買うなら、D800とレンズ一本(例えば、85mmF1.8)を買ったほうが楽しめる」
阿部先生の言葉が印象に残った。発売日が楽しみだ。

D300_24459 XGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

D300_24824 XGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

では、本日撮影の写真。あいにくD800の画像データは持ち出し禁止なので、
D300とVR70-200㎜F2.8で撮影したもの。

写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

D4、D800、D800E撮影体験の後ろからのショットのため、久しぶりにVR70-200mmF2.8での
ポートレートとなった。24-70mmF2.8に比べて、ピントが決まるのはなぜ??
24-70mmF2.8だとF5.6に絞っても甘いことが多い。対して、旧式とはいえ、VR70-200mmF2.8、天晴である。

望遠でのクローズアップ撮影。望遠だけに、グッと引き込まれる様な表情に撮るのが、なかなか難しい。
笑顔でカメラ目線のような記念撮影写真的なものは、アート的ではないので、
目線や、口元の表情、姿勢、指先までの仕草にも、瞬間瞬間に集中しながらシャッターを切った。

D300_24477 WXGA
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24489 1680
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24551 WXGA
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24571 1680 trim
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24550 1680
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24541 1680
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24560 1680
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900

D300_24544 1680
D300
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
SB-900



wao2010 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月15日

東京モーターショー ~SUBARU~

私的に楽しみにしていたのは、自動車ではスバル。
キャブワゴン系の自動車が好きになれない私が、惹かれるのはスポーティなスタイル。
そんな中、スバルは私の中でも興味をそそる自動車メーカーの一つだ。

20代の時、日産シルビアに乗っていたが、自動車事故を3回経験した経緯があって、
自動車所有を封印しているが、いずれは乗りたい。

写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

D300_24325 WXGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

D300_24326 WXGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

D300_24343 1680
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

D300_24415 WXGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

D300_24420 1280
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

D300_24421 trimminged
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

★お手間おかけしますが、左サイドバーにあるBGMの動画を停止の上、ご覧ください。
★YouTube画面下の解像度アイコンで高精細に変更できます。
☆より良い音質でお楽しみになるために、ヘッドフォン着用推奨です。
※スマートフォンやタブレット端末でご覧の方は、ご視聴できません。恐れ入りますが、パソコンで当ブログをご覧ください。

以下の映像は2テイク目。1テイク目の後半、まだプレゼンショーが終わっていないのに、
撮影するカメラの前を横切られてしまって、思わず私の「横切らないでぇ」という音声が入り、2テイク目を録り直し。
前を横切られないように、カメラバッグサックを置いていたのに、その上を足でまたいで横切られるのには驚いたw。

そして、2テイク目は、すぐ隣の2人が、最初から3分ぐらい、京急蒲田から乗り換えて云々と、
通勤路や仕事についての話など、ずっと喋りっぱなしで、その会話が鮮明に入ってしまったため、
1テイク目の音声前半部分を、2テイク目の音声前半部分と差し替えて編集した。


HDR-CX550V



wao2010 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月10日

東京モーターショー2011 ~HONDA~

今回の東京モーターショーは、江東区の東京ビッグサイトでの開催。
JR京葉線で海浜幕張駅まで行くのと違って、随分と近く感じた。
東京駅の山手線プラットホームから京葉線のプラットホームまでは、
歩いたことがある方はご存じかもしれませんが、遠いんですよねw。
在来線の端から端、しかも京葉線プラットホームは遠く離れた地下の地下ですからね。

その点、新橋駅から「ゆりかもめ」に乗り換えて、国際展示場正門駅から
ビッグサイトは目と鼻の先で、とても楽。

会場で真っ先に向かったのは、ホンダブース。
ホンダびいきなのでそう見えるのかもしれないが、毎回ホンダの演出は魅力的だ。

★お手間おかけしますが、左サイドバーにあるBGMの動画を停止の上、ご覧ください。
★YouTube画面下の解像度アイコンで高精細に変更できます。
☆より良い音質でお楽しみになるために、ヘッドフォン着用推奨です。
※スマートフォンやタブレット端末でご覧の方は、ご視聴できません。恐れ入りますが、パソコンで当ブログをご覧ください。

今回のステージ、トップライトが強すぎに思える。白とびしまくってます…

HDR-CX550V

写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

今回は、パワーブラケット(SK-6)を使用した。使い心地。重いw。しかし、縦位置での影の出方が自然でいいかも。
そうそう、今回、撮影準備しているときに、スピードライト(SB-900)の電源が入らないトラブルが発生して落胆した。
新品の電池で問題ないはずなのだが、何度もオンオフを繰り返しても、電池を入れ替えても直らない。

「もういいや」と、スピードライト使用を諦めた瞬間、キュイーンという音とともに電源が入った。
ポートレート撮影時のジンクスで毎回何かしらスピードライトには悩まされているのだが、これに留まらなかった。

カメラは露出マニュアルで、スピードライトはTTLモードで撮影するのだが、スピードライトのモードが勝手に
絞り優先連動モードに切り替わり、仕方なく、カメラを絞り優先に切り替えるも、絞りも焦点距離も連動しない
というトラブル。会場の隅っこに行って、銀座ニコンプラザのサポートに電話をかけたところ、
接点接触不良の可能性があるので、接点を拭いて付け直し、本体のリセットをかけてみてくださいとのこと。
…何とか、アドバイス通りで直った。マジで焦った。一度、点検に出したほうが良さそうだ。

IMG_0188 XGA
iPhone4

来年の4月ぐらいに詳細発表になるNC700S。オンロードで楽しめるものだ。
オン&オフ用のNC700Xも発表になる。700CCとは思えないほどにコンパクト。CB400SF/SBぐらいの大きさか。
D300_24233 XGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

D300_24219 XGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

D300_24222 XGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
SK-6

To be continued...



wao2010 at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月12日

すっかり忘れた頃に来たものとは・・・

昨年、角川マーケティングのWalker Plusのイルミフォトコンテストにアップロードしていたのですが、そのプレゼント品(抽選)が届きました。コンテストという名ではありますが、賞を頂けるわけでもないコンテストでしたが、たくさんのお気に入り投票を頂いていたのは覚えていました。

プレゼントは抽選というのがミソで、入選、入賞というのがないことを注記しておきます。つまり、私の下手糞な写真でも貰えるチャンスはあったということです。

YouTubeへ

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

頂いたのは、AmadanaのPE-117(ブラック)
D300_22394 XGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

 音質のチェックには、音域の広い楽器であるピアノのソロ、サックスなど管楽器やドラムの音質チェックの為にデビッド・サンボーンなどのジャズ。ボーカルチェックに、ダイアナ・クラールなどのジャズボーカル。音の分解能チェックの為にお気に入りのアーノンクール指揮の交響曲を聴き、打ち込み音のポップス系は全く聴きません。

 抽選で頂いたこのヘッドホンについても、同様に音質チェックをしてみました。イヤーパットをつけ、最初にピアノソロ、ジャズ、交響曲と順次聴いていったのですが、耳に突き刺さる様で痛い高音域。それに対して、中低音域にかけては籠っていて塊になったような音で、第一印象は決して良いものではありませんでした。

 しかし、ここからが肝心です。このヘッドフォン、"エージング"で、別物のように化けます。上記のジャンルの曲を一曲ずつ聴いた後、耳から離して、鳴らし続けること数時間。再び耳にセットして聴くと、キンキン高音の耳障りさが減り、籠って全く出ていなかった中低音域が出るようになっていました。最初の印象とは異なるものです。
 
 総じて、明瞭で独特の艶が乗るな高音域、中音域にボリュームを持たせたバランス。個々の楽器の音色を分離良く聴かせたり、音域の広さや音場の広がりを聴かせるタイプではなく、どちらかというとコンパクトに聴かせるタイプ。どちらかというと、ボーカル曲向きのヘッドフォンという印象です。しかし、このコンパクトなヘッドフォンにしては秀逸なもので、デジタルオーディオで聴く分には充分ではないでしょうか。



wao2010 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月18日

CP+(シーピープラス)2011 ~Nikon~ Vol.2

 当ブログの2月10日のCP+2011のNikonブースの記事にコメントをして下さった、羽田ゆうさんに、まずは御礼申し上げます。
 同記事にて、終始、口をつぐませていて、個人的に、笑顔を見てみたい気になるモデルさんとしてアップロードしていたのですが、コメントにてお名前を教えて頂きました。そのモデルさんのお名前でネット検索して驚きました!実は御衣装の違いもあって、私が気付いていなかったのですが、既に撮影していたのです。お顔のほくろの位置でも、ご本人であることが確認できます。
 とても、素敵な笑顔の方です。ここに報告の意、そして、気付かなかったお詫びも込めてアップロードいたします。
 羽田ゆうさんの、岸本千尋さんをフォローするコメントがなければ、多分一生気付かないままだったかもしれません。有難うございます^^ゞ

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

モデル:岸本千尋さん
D300_21750 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_21752 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

ステージモデルの4名様。一番右が羽田ゆうさん。目つぶり写真で申し訳ないです…(汗)
D300_21734 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

To be continued...

wao2010 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月14日

The Snow Valentine Night 2011

CP+2011の続きの前に…

今宵、雪が降りつもり続いています。
スノー・バレンタイン・ナイト。なかなかロマンチックな夜です。

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

☆降り積もる雪上にてパシャリ!

D300_22167 WXGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900
※バウンスライティング

(PS)
会社から帰宅のJR中央線、今夜の雪の影響で、線路のポイント故障。運転見合わせには参った…orz

wao2010 at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年02月11日

CP+(シーピープラス)2011 ~CASIO~

2011年1月6日からラスベガスで開催された、コンシューマ・エレクトロニクス分野で、世界最大規模の見本市、Consumer Electronics Show(CES)にて、脚光を浴び、アメリカのIT系メディアCNETが最も優れたデザインに贈る"BEST OF CES"に選ばれたのが、TR100。

関連リンク
USA infoへ

 従来のデジタルカメラを構成する三大要素、レンズ、液晶モニター、ボディの各パーツを分解するところから生まれた新発想のカメラだ。
 35mm換算で21mm相当の画角の単焦点レンズ。超解像技術を用いた2倍プレミアムズーム。レンズ部を中心にして、液晶モニターと、そのモニターを囲むフレームが可動式の為、フレームを回して、モニターを確認しながらの自分撮りも簡単にできたり、三脚無しでテーブルや床に置いて撮影したり、フレームを壁のフックなどにひっかけて撮る、なんてことも可能なのだ。
 全面タッチパネルの液晶をタッチすればAFとともにシャッターが切れるタッチシャッターはもちろんのこと、最長10秒間のセルフタイマー、モニター上任意の位置に指定したマークに手のひらをかざすとシャッターが切れるモーションシャッターという目新しい技術も盛り込まれている。その他、話題のHDRアートも処理の強弱が調整可能にアップグレード、動画はフルハイビジョン、そして、惜しむことなく、裏面照射型CMOSが搭載されている。

固定観念にとらわれない、とても興味深いアイテムとして人気が出そうだ。

では、ポートレートと、SONY HDR-CX550Vで撮影し、Youtubeにアップロードした、カシオのプレゼンテーションステージの動画をここに!とくとご覧あれ!

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

D300_21842 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_21871 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_21873 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

※お手間かけますが、左サイドバーのBGMの動画を停止の上、再生して下さい。


HDR-CX550V

To be continued...

wao2010 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月10日

CP+(シーピープラス)2011 ~Nikon~

今年のCP+がパシフィコ横浜にて開幕!期間は2011年2月9日(水)から12日(土)までの4日間。
私も先だって招待券をいただいたので、撮影へ行って来た。
製品の勉強?それも多少はあるが、ぶっちゃけ、ポートレートが一番の目的なのはいうまでもない。^^ゞ

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewer をお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

ニコンブースのシューティングステージ。色あいの再現性を試すには、寒色系、暖色系の鮮やかなアートフラワーも有効的だ。美しいモデルさんとの相乗効果がとても良い!

今回のポートレートも、ピクチャーコントロールは“ポートレート”に合わせている。
そして、オートフォーカスは、3D-トラッキングAF。ダイナミックAFエリアで、クロスセンサー以外のフォーカスポイント1点指定でのAF-Cよりも合焦精度が高いように思う。
3D-トラッキングAFにセットし、クロスセンサーのAFポイントでフォーカスを食いつかせ、シャッターボタン半押ししのまま構図を整え、シャッターを切るというプロセスが無難だ。

D300_21715 WXGA
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_21730 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_21724 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

羽田ゆうさん。Nikonブースでもお馴染みのモデルさんです。
D300_21732 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_22135 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

個人的に魅かれたのは、次のモデルさんだったりする。終始つぐんだ唇。内に秘めたる表情が、なんともいえないのだ。このモデルさんの笑顔を見てみたい。

D300_22095 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_22096 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

D300_22105 1920
D300
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
SB-900

To be continued...

wao2010 at 23:37|PermalinkComments(5)TrackBack(0)