80-400mm

2017年10月04日

2017 中秋の名月 そして、東京スカイツリー「幟(のぼり)」

自宅にて撮影。
東京都内は曇りがちの夜となりましたが、雲の切れ間から、少しだけ覗かせてくれました。
中秋の名月です。10分ほど月を狙って、雲がかからない綺麗な月を撮れたのは、ほんの数枚でした。

そして、今日の東京スカイツリーのライティングは、「幟(のぼり)」。
東京スカイツリーの近くに撮りに行けばよかったと思いながらも、その綺麗な色合いに見惚れました。

中秋の名月といえば、満月と思いがちですが、今年の中秋の名月の月齢は、13.9で、満月は、明後日、10月6日になります。
旧暦は月の満ち欠けに基づいていて、新月→満月→新月の周期は、月が地球の周りを一周する約29.5日に相当するので、旧暦で一か月は29日か30日でした。
中秋の名月と言われている旧暦8月15日を、太陽暦にすると、今年は、10月4日がその日になるわけですが、
月が地球の周りを公転する日数と、太陽暦のひと月の日数にずれがあるため、今年の中秋の名月は、満月ではないとのことです。

それにしても、中秋の名月というと、9月のイメージがあるのですが、なぜ今年は10月なのかしら。
旧暦と太陽暦では、3年間で一か月の誤差がでるのですが、その一か月の誤差を調整されたのが今年だからだそうです。
今年は、旧暦の5月が2回あったそうで、その1か月のずれが、10月4日の中秋の名月となった訳とのことです。



☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_0928_00001_01

DSC_0938_00001

DSC_0942_00001

全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



wao2010 at 21:04|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

2017.7.19 梅雨明けの夜景 & 2017.7.18 雹が降る池袋駅東口そして池袋駅西口

2017年7月19日、朝から近所では蝉が鳴き、夏本番を思わせる日和で、
昼には、気象庁から中国・近畿・東海・関東甲信の梅雨明け発表がありました。
これからも、関東地方、30℃を超える真夏日が続くようですが、体調には十二分に気を付けていきたいものですね。

さて、久しぶりにカメラを手にしました。仕事から帰りついてから、自宅からみた東京スカイツリーの夜景撮影です。
今夜は、特別なライティングではなく、定番、「粋」のライティングでしたが、多重露光や露光中ズーミングなども交えて、撮影を楽しみました。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_9861_00001

DSC_9867_00001

DSC_9869_00001

DSC_9868_00001

全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



2017.7.18 ゲリラ豪雨&雹 ―池袋駅東口・西口―



シフトで仕事が休みだった7月18日、諸々の私用で、自宅最寄りの池袋駅界隈で過ごしていました。
天気予報通り、昼には、雷雨が来ることは知っていて、傘ももって出かけていましたが、
わたくし自身、人生で初の雹を経験するとは思いもよりませんでした。
15時頃から雷鳴と雨が酷くなり始めたのをきっかけに、池袋駅東口のみずほ銀行すぐ隣のひさし屋根のある場所にて、
iPhone7で、ゲリラ豪雨の様を動画に撮影しましたが、雹が降り出すとともに、強風に体が煽られ、堪えきれずに、
ビルの入り口からビルの中へと、ひさし屋根のところにいた十数名の見知らぬ方々と一緒に、逃げ込んだのでした。

その、動画のスクリーンショットを交えた写真ですが、ここにアップさせていただきます。

結果的には、僅か、5分間程度のゲリラ豪雨でしたが、これほどまでの雨量がもっと長時間続いたらと思うと、
九州北部の豪雨に遭われた方々の抱かれた恐怖感が、少しばかりですが、分かったように思います。
この雨量を目の当たりにすると、まず、どこへ逃げたらいいのか、うろたえてしまいますね。
そして、逃げた後も、逃げた場所が安全なのかという不安さえよぎるのです。この豪雨が収まるのがいつになるかもわからずに、不安に駆られるのです。。。


【池袋駅東口】

IMG_1690

IMG_1691

IMG_1693

IMG_1694

IMG_1695

IMG_1696

IMG_1616 1024

IMG_1623 1024


【池袋駅西口】

IMG_1640 1024


以上、iPhone7で撮影のビデオのスクリーンショット、並びにiPhone7でのスチル写真


wao2010 at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年06月10日

山手線 ―新型車両E235系を追う with Nikon D810―

4連休のラストは、昨日に引き続き、山手線は新型車両E235系の撮影にしました。

今朝、山手線運用状況を見ると、E235系は、外回りで、5時台から23時台まで1編成で運用。
昨日の有楽町駅での撮影は、太陽がちょうど東京国際フォーラムの建物の反対側の位置に来てしまっての時間帯に、
E235系が再運用されましたので、思うような光線で撮れませんでした。だからこそ、今日のチャンスに改めて撮影したかったのです。

午前中は、エアコンの付け替え工事の見積もりなどで、午前順光の駅に行けませんでしたが、
今日は、思いが向くまま、有楽町駅、東京駅、御徒町駅の3か所で撮影に没頭したのでした。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます



【有楽町駅】

D810のオートフォーカスポイントでは、面の縁にかかるかかからないかの位置のため、今日も置きピンしての撮影です。
左右には、写り込ませたくない架線柱もあるので、オートフォーカスポイントが内寄りのフルサイズ機で編成写真を撮るには、
ちょっとだけ難易度高めの場所ですね。

DSC_9778_00005


今日の運用車は、量産先行車ですね。先頭車両の面の左横の「01」が目印。
太陽の光を浴びたE235系の顔、綺麗ですね。

DSC_9788_00002

京浜東北線の裏被り。これはこれで、次なる場所へ移動しました。


【東京駅】

大崎駅での内回り撮影によく似ていて、構図がシビアなところです。撮影定員は、1名のみですね。
というのも、ここは、11両の編成写真を撮るには、左にパイプ柵があって、それが次の写真のとおり、写真の左下にどうしてもぼんやりと写り込んでしまいます。
黄色い線の外側に立てば、パイプ柵を抜いて撮れそうですが、ほぼ同じタイミングで内回りの編成の入線があり、危険行為ですのでやめました。
今は、東京駅の山手線ホームにホームドアがありませんが、ホームドアが出来たら、黄色い線も内寄りに変更されますので、
ここでは、編成写真を撮れなくなるでしょうね。

DSC_9807_00001


【御徒町駅】

外回り撮影で、超人気駅の一つ、御徒町駅。
6人ほどで撮影しました。比較的構図にシビアな場所ではなく、フルサイズのオートフォーカスポイントの枠にて
余裕で撮影できるので、助かります。

山手線の撮影をしていると、「400?500でもOK?」「400が良いけど、500でもイケる」なんて会話が聞かれることがあります。
何のことかと申しますと、先頭と最後尾に表示されるLED行先表示の文字が途切れずに写るシャッター速度のことです。

DSC_9819_00001

DSC_9841_00003

DSC_9847_00002

いよいよですね。
おっと、内回りと被りました。
どうせ被るなら、上の写真のような、E235系と、E231系の面が揃うショットを撮りたかったですね(笑)

DSC_9854_00004

2016年4月11日に、被り無しの写真を撮ったので、次の周回を待つことなく、私は撤収させていただきました。
お疲れ様でした。


【撮影機材】
全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



wao2010 at 21:37|PermalinkComments(0)

2017年06月09日

山手線外回り ―有楽町駅―

転勤で東京へ戻って来てから、通勤とプライベートで、ほぼ毎日利用している山手線、すっかりと馴染みの路線となりました。

量産先行車のE235系が2015年11月30日にデビューし、トラブルがあってしばらく運用されなくも、
2016年の春から本格運用され、デビューから約1年半が経とうとしています。
2017年6月9日現在、E235系量産車の運用が3編成まで増え、量産先行車含めて4編成となりました。
2017年度中に、量産車を15編成投入するということですので、全編成数の何と約3割が今年度中に、E235系に変わってしまいます。

まだまだ、量産先行車1編成だけだった時に、追いかけては写真撮影していたのが、ちょっと懐かしくなりますね。
E235系が普通の顔になる日は近く、E235系外回りとE235系内回りのすれ違いショット写真を撮られる機会も増えてくるかもしれません。

さて、今日は、E235系の4編成全てが運用されることが増えてきたこともあって、山手線撮影に行くことに決めていました。
しかし、今日の11時ぐらいに、山手線運用サイトで確認したところ、E235系は、内回りにて、それぞれ、52G、56G運用が終わってしまっていました。

「参ったな、そういうパターンか。」
しかし、今日は山手線撮影と決めていた私は、E235系が運用されずとも、私は、かねてより狙いたかった
有楽町駅での山手線外回り撮影に向かったのでした。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


有楽町駅では、一度撮影しています。しかし、それは内回りのE235系狙いでした。
今日は、外回りです。ここでの外回り撮影は午後順光ですが、午後でも昼時が一番良いようですね、ちょっと遅すぎました。
何はともあれ撮影です。

いつものように、構図も焦点距離を気にせずに、一本目は撮影。

DSC_9622_00006

一本目です、失敗していいのです(笑)

【反省点】
11両全てを入れようとしているうちに、引きの写真になり、結果として、手前の架線柱が写り込む。

【次の修正点】
150mm(35mm換算)程度で、手前と写真左端の架線柱を抜く。

DSC_9639_00007

【反省点】
150mmで右端と左端の架線柱は抜けたが肝心の先頭車両が右下ぎりぎりのタイミングになってしまった。

【次への修正点】
140mm程度に引きつつも、右端、左端の架線柱を抜き、なおかつ、レンズをやや下向きにアングルを下げて、
先頭がバランスのいい位置のシャッタータイミングに合わせる。

DSC_9654_00008

【完成】
フレーミングの完成形です。

難点は、フルサイズのD810のオートフォーカスポイントでは、厳しい位置。先頭車両の顔の向かって左隅に、
オートフォーカスポイントがぎりぎりかかるぐらい。ぎりぎりかかるフォーカスポイントでピントを合わせるか、
手持ち撮影ながらも、このバラストの位置だと決めたところに予めピントを合わせての置きピンにするか。
フォーカスポイントで先頭車両の顔に合わせながら無意識に車両の動きを追ってフレーミングが右にずれて
右手前の架線柱が写り込んでしまうリスクを負うよりも、フレーミングとシャッタータイミングにだけに集中すればいい置きピンを選びました。

DSC_9703_00009

このあたりの時間帯から、被りが増えてきました。
頃合いを見て、帰ろうかと思いました。

DSC_9723_00010


そして、東京交通会館の地下1階の喫煙所へ行き、一服したら帰ろうと思いながらも、E235系の運用が気になったので、山手線の運用サイトを見たのです。

するとどうでしょう、夕方からの増発で、もしかしたらと期待はあったのですが、
E235系が、今度は外回りで運用再開されているではないですか!

52G→43G、56G→47G。

願ってもないチャンス到来です。
今日撮れなくても、いずれは有楽町駅で外回りのE235系を撮りたいので、今日は練習だけでもと思って来たのですから。


IMG_0540 IMG_0539 IMG_0552



兎にも角にも、有楽町駅の今さっきまで撮影していた場所へ戻ったのでした。

【43G】
DSC_9752_00011

【47G】
DSC_9763_00012

47G、ちょっとフレーミングが右に振れてしまいましたが。最後尾車両全て収まってますね。

舞い降りてきた貴重なチャンスを、山手線内回り、京浜東北線、東海道線などの被りもなく、
無事に撮影することが出来ました。

47G撮影後、47Gに乗車し、そのまま池袋駅方面の家路に着いたのでした。
ちなみに、47Gは、量産先行車でした。
見分け方は、ロングシートに括り付けてある縦の手すりが、つるつるの光沢タイプが量産先行車で、
量産車の手すりは、微細な凹凸がある表面仕上げになっていて、握っても、べたつき感がありません。


【撮影機材】
全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



wao2010 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

2017.4.16 成田市さくらの山公園

今年1月でしょうか、会社関係者の方に、さくらの山公園の桜と飛行機のコラボ風景が、とてもお勧めだという話をしていたのですが、
昨日、とても良かったので、お連れ様が来月にも行きたいとおっしゃっているという反響を頂きました。
私が手隙ではなく、お会いできませんでしたが、その飛行機好きのお連れ様が、わざわざ会社までお礼に来て下さったとのことです。

そういう反響を頂きますと、勧めた本人、わたくしも行きたいという衝動に駆られました。
4月16日と17日が連休。連休の初日が天候も晴れということもあり、迷うことなく、昨晩、さくらの山公園へ行くことに決めたのです。

そして、今日、「桜は散ってしまっていても構わない。特に、エアバスA380が撮影したい」という期待を胸に、さくらの山公園へ向かったのでした。

実に、2009年6月26日以来の、さくらの山公園。それはもう、興奮の連続。
本日700枚ほど撮影しましたが、ちょっとだけ公開させていただきます。

ちなみに、2009年以前の飛行機撮影記録 ⇒ ここをクリック!


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_8454_00004
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED



以降、全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_8484_00005


南寄りの風ですので、終始、16R着陸でした。

DSC_8529_00007

DSC_8533_00006

DSC_8534_00002

DSC_8640_00001

DSC_8646_00003

DSC_8648_00005

DSC_8705_00012

DSC_8709_00013

DSC_8734_00014

DSC_8737_00015

DSC_8779_00005

DSC_8784_00018

DSC_8799_00004

DSC_8801_00020

DSC_8874_00006


桜と飛行機のコラボが撮れる地点へ移動。ほとんど桜の花が散ってしまっている中、このソメイヨシノは6分ほど花が残っていました。

DSC_8889_00021

DSC_8902_00022

DSC_8904_00023


日曜日ということもあって、人出の多いさくらの山公園です。

DSC_8914_00003


小休止で、さくらの山公園入り口の喫煙コーナーで一服したのち、再び、最初の場所に戻ると、
そこに来たものは、

タイ国際航空の、エアバス A380!!

DSC_8949_00004

DSC_8952_00025

DSC_8959_00026

DSC_8960_00027

DSC_8963_00028

DSC_8970_00029

DSC_9062_00030


重宝しているアプリ(有料)、『Flight Radar24』によれば、今度は、ドバイからのエアバスA380(エミレーツ航空)が着陸することが分かりました。
その着陸まで、約25分の表示も確認。来る前からドキドキしましたね。

IMG_9436 IMG_9437


そのまえに、
シンガポールの白いSTAR ALLIANCE、成田に来るのは珍しいそうです。

DSC_9162_00031

DSC_9168_00032


そして、いよいよ、ドバイからのA380!

あれが、A380と、お隣の方に教えていただきました。視力に自信がないので、肉眼では気づきませんでした。
400mmで撮影。これが、旋回して、16Rへ来るわけです。

DSC_9173_00001

その時の、フライトレーダー24。

IMG_9442


来たよ、A380!!

DSC_9176_00001

DSC_9183_00034

DSC_9195_00035

DSC_9199_00036


夕陽に染まるA380は、とても美しいものでした。


シンガポール航空が昨年の10月22日にA380の日本への運航をやめてしまい、
タイ航空のみだったA380日本運航だったのが、先月26日から定期再運航を始めたのが、このエミレーツ航空。
事実上、A380の日本定期運航をしているのが、タイ航空とエミレーツ航空の2社ということです(ウィキペディアより)。

2008年ごろからでしょうか、シンガポール航空のA380を撮ってみたいと思いながらも、行かなかったので、
今日この2社のA380を撮影出来て、とても嬉しかったです。

ANAがエアバスA380を導入し、2019年の春から、A380による成田⇔ホノルル運航を決めています。楽しみですね。



wao2010 at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月18日

2017.3.18 山手線内回り 20G運用 E235系

久しぶりの山手線撮影です。

『JR東日本アプリ』の山手線トレインネットにおいて、
「本日、新型車両(E235系)のみ走行位置が表示されません」と明記されていました。
時折表示されるのですが、全く位置が分からない状態もありましたので、山手線の運用サイトでも追跡しながら、初の撮影場所、大崎駅へ行ったのでした。
通勤定期内の区間ですので、切符代はかかりません。移動費タダ。お気楽なものです。

しばらく鉄道写真を撮らないと感が鈍りますね。E235が来る15分前から予行撮影するも、これが一番というフレーミングを決めきれないままで終わり、
RAW現像時に、一部、トリミングを活用しています。35mm換算、350~400mmでまとまる感じです。

1番線、2番線分岐のポイントの位置に先頭車両先端が位置するようにシャッターを切るのがベストだと思います。
それよりもシャッタータイミングが遅くなると、若干下にシフトすることになり、手前の標識が写真下方に入ってしまいます。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_7489_00004
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7528_00002
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7552_00003
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


次の周回まで、約60分。時間潰しに、アートヴィレッジ大崎セントラルタワーへ。
ドラマのロケ地として、有名な建物ですね。

DSC_7568_00006
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_7570_00007
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_7574_00008
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


一周して戻ってきた20G運用のE235系を迎撃!

DSC_7583_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


お粗末様でした~(笑)



wao2010 at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

Nikon D810 夜景  ― 文京シビックセンター ―

2月2日、文京シビックセンターでの日没撮影後も居残り、夜景撮影に没頭したのでした。
マジックアワーの空の色と街灯りの色の出し方が、非常に難しいですね。
RAW現像で仕上げていくわけですが、街全体の色合いまでもが、彩度が高くなってしまいます。
ホワイトバランスをマニュアルで調整し、マゼンタを抑えつつも、シアンも強調したいしと思うのですが、
CaptureNX-Dを使いこなせていませんね。一度、講師の方などに、教えてもらう必要を感じています。

RAW現像のスキルの問題はさておき、ここ、文京シビックセンターの展望ラウンジ(25階)は、
お出掛けスポットとしても、おすすめどころです。まだ、ここへいらっしゃったことがない方は、ぜひ一度、
この展望をお楽しみいただきたいものです。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます



DSC_7134_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7147_00002
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_7157_00004
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7163_00012
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7167_00006
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_7172_00021
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_7179_00007
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


次の2枚は、50mmF1.4、35mmF1.8で撮影し、600万画素にリサイズしたものです。
単焦点レンズならではの、高精細な画質に撮ることができます。

DSC_7184_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_7186_00010
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_7194_00011
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



【おまけ】

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの焦点距離50mm撮影写真と、
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gで撮影した写真の比較

撮影設定、およびRAW現像時の行程は統一。いずれもアンシャープマスク無し。


まずは、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの焦点距離50mmの写真中心部分の縮小無し切り取り原寸大

DSC_7181_00003


次に、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gで撮影した写真の中心部分の縮小なし切り取り原寸大

DSC_7184_00002

建物の質感はもとより、看板の文字も高精細に撮れているのは、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G、ですね。



wao2010 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月02日

2017.2.2 ダイヤモンド富士の聖地 文京シビックセンター

12月26日に前もって2月1日と2日の2日間の休日申請を出して、ダイヤモンド富士の撮影に臨んだのでした。

昨日と違い、冬型の気圧配置が強まり、都内は強い北風が吹き、河口湖の天候も快晴で、
河口湖のライブカメラを見ても、富士山の山頂に雲が現れることもない、絶好の撮影日和となりました。

期待を胸に、埼玉県、千葉県、東京都内(埼玉県境)からお越しの皆様たちと談笑しながら、その時を待ったのでした。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_7021_00002
D810
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

DSC_7022_00001
D810
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

DSC_7027_00003
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7036_00004
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7049_00005
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_7057_00006
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


さて、いよいよです。

DSC_7088_00012
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


おっと、太陽の位置が富士山の頂上の右寄りに落ちていきます。

DSC_7094_00011
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

やはり、昨日が、富士山頂上のど真ん中に太陽が落ちる日だったか。

DSC_7100_00002
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7104_00014
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


右の稜線を、太陽が転がっていく。。。周囲から、ため息とつぶやきが聞こえてくる。

「右だ・・・」。

DSC_7107_00015
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7111_00016
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7119_00017
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7128_00018
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7130_00019
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_7133_00020
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


「また、11月か2月にお会いしましょう」

そう言葉を交わして、皆様とお別れしたのでした(笑)。


【次回の撮影で持っていくもの】
ND8フィルター:光線が強すぎて、F11、1/8000秒を使ったショットもあったため。



wao2010 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)