2017年06月10日

山手線 ―新型車両E235系を追う with Nikon D810―

4連休のラストは、昨日に引き続き、山手線は新型車両E235系の撮影にしました。

今朝、山手線運用状況を見ると、E235系は、外回りで、5時台から23時台まで1編成で運用。
昨日の有楽町駅での撮影は、太陽がちょうど東京国際フォーラムの建物の反対側の位置に来てしまっての時間帯に、
E235系が再運用されましたので、思うような光線で撮れませんでした。だからこそ、今日のチャンスに改めて撮影したかったのです。

午前中は、エアコンの付け替え工事の見積もりなどで、午前順光の駅に行けませんでしたが、
今日は、思いが向くまま、有楽町駅、東京駅、御徒町駅の3か所で撮影に没頭したのでした。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます



【有楽町駅】

D810のオートフォーカスポイントでは、面の縁にかかるかかからないかの位置のため、今日も置きピンしての撮影です。
左右には、写り込ませたくない架線柱もあるので、オートフォーカスポイントが内寄りのフルサイズ機で編成写真を撮るには、
ちょっとだけ難易度高めの場所ですね。

DSC_9778_00005


今日の運用車は、量産先行車ですね。先頭車両の面の左横の「01」が目印。
太陽の光を浴びたE235系の顔、綺麗ですね。

DSC_9788_00002

京浜東北線の裏被り。これはこれで、次なる場所へ移動しました。


【東京駅】

大崎駅での内回り撮影によく似ていて、構図がシビアなところです。撮影定員は、1名のみですね。
というのも、ここは、11両の編成写真を撮るには、左にパイプ柵があって、それが次の写真のとおり、写真の左下にどうしてもぼんやりと写り込んでしまいます。
黄色い線の外側に立てば、パイプ柵を抜いて撮れそうですが、ほぼ同じタイミングで内回りの編成の入線があり、危険行為ですのでやめました。
今は、東京駅の山手線ホームにホームドアがありませんが、ホームドアが出来たら、黄色い線も内寄りに変更されますので、
ここでは、編成写真を撮れなくなるでしょうね。

DSC_9807_00001


【御徒町駅】

外回り撮影で、超人気駅の一つ、御徒町駅。
6人ほどで撮影しました。比較的構図にシビアな場所ではなく、フルサイズのオートフォーカスポイントの枠にて
余裕で撮影できるので、助かります。

山手線の撮影をしていると、「400?500でもOK?」「400が良いけど、500でもイケる」なんて会話が聞かれることがあります。
何のことかと申しますと、先頭と最後尾に表示されるLED行先表示の文字が途切れずに写るシャッター速度のことです。

DSC_9819_00001

DSC_9841_00003

DSC_9847_00002

いよいよですね。
おっと、内回りと被りました。
どうせ被るなら、上の写真のような、E235系と、E231系の面が揃うショットを撮りたかったですね(笑)

DSC_9854_00004

2016年4月11日に、被り無しの写真を撮ったので、次の周回を待つことなく、私は撤収させていただきました。
お疲れ様でした。


【撮影機材】
全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



wao2010 at 21:37│Comments(0) 山手線 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字