2017年02月01日

2017.2.1 ダイヤモンド富士の聖地 文京シビックセンター

恒例の文京シビックセンターでのダイヤモンド富士撮影に向かいました。

恒例って言っても、飯田橋に住友不動産の巨大ビルが出来て以来、足が遠のいていて、
7年振りの昨年2月2日に、ここを訪れ、敢え無く、富士山の稜線すら見えなかったのを思い出します。

今年の、ここでのダイヤモンド富士初日は、果たしてみられるだろうかと、過去に快晴でダイヤモンド富士の撮影が出来た2007年2月2日の天気図と、
気温、湿度、風向きなどのデータを探し、同様に、ダイヤモンド富士に出会えなかった2016年2月2日の同じデータを探して比較、
更に、今日の予報天気図や風向きの予報も見て、推測してみたのでした。

ちなみに、2007年2月2日、最高のダイヤモンド富士を撮影で来た時の記事はこちら ⇒ ここをクリック!


【2007年2月2日】

IMG_7786


IMG_7797


【2016年2月2日】

IMG_7788


IMG_7798

【2017年2月1日予報】

IMG_7778

IMG_7780


IMG_7834


ダイヤモンド富士が鮮明に見られた2007年2月2日は、西高東低で等圧線の間隔が狭い縦縞の天気図で、河口湖の風向きが北西(西北西)。
ダイヤモンド富士を見られなかった2016年2月2日は、縦縞等圧線の西高東低の気圧配置が緩み、河口湖の風向きが、北西(西北西)の風ではなく南南西。
2017年2月1日の天気図では、冬型の気圧配置が緩んだ形。河口湖の風向き予報は、北西のようですが、湿度が高い予報(50%超)が出ていたので、
見られないだろうと思いましたが、ひょっとしたらという思いもありましたので、文京シビックセンターへ向かったのでした。


はたして、結果は?



☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます



稜線は、少し見えましたが、頂上付近が雲に覆われてしまい、ダイヤモンド富士は見られませんでした。


DSC_6962_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

池袋、自宅方面。
DSC_6963_00002
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


以降、全て
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_6973_00001

DSC_6978_00002

DSC_6979_00003

DSC_6986_00004

DSC_6990_00005

DSC_6992_00006

DSC_6996_00007

DSC_6999_00008

DSC_7009_00009

DSC_7011_00010
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


文京シビックセンターでのダイヤモンド富士2日目の予想天気図はどうでしょう。。。

IMG_7845



おおっ??
等圧線が縦縞で、西高東低が強まる予想天気図ではありませんか!(笑)

明日も行っとく??



wao2010 at 19:18│Comments(0)TrackBack(0) 夕景・夜景 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字