京都 ―北野天満宮― Vol.3京都 ―洛東― Vol.2

2013年03月15日

京都 ―洛東― Vol.1

北野天満宮を後に、昨年9月6日~8日の東京~京都&大阪旅行で時間がなくて諦めていた或る場所へ。
最寄りの北野白梅町にある、大学時代の行きつけの店で遅めの昼食を取り、
市バスで北野白梅町から祇園、祇園で市バス乗り換えで、其の場所を目指す。
しかし、車窓撮影した四条大橋までは覚えてますが、手許のiPhone4いじりに集中し過ぎて祇園を乗り越し(w。
東山三条で降りて、目的地まではタクシーで移動することにしました。
市バスを乗り越してしまうも、タクシーから舞妓さんを撮影出来たり、
故、山村美紗さん(推理作家)のご自宅の前を、わざわざ通って下さったりと、良いこともありました。
乗り越したおかげですね(w。
運転手さん、「舞妓さんがいてはりますよ。どうぞ、お撮り下さい」、「ここが山村美紗さんの家ですよ」って、
一旦停止してくれるんですよ。ちょっとしたことですが、お心遣いが嬉しいですね。

本記事とは関係ないのですが、今ブログにBGMで流しているKiroroの『Best Friend』、このところ毎日聞いてます。
現在所属している支店の売り上げが芳しくないんです。常勤の取引会社も含めて。
売上不振だからこそ、苦しいからこそ、縦と横の繋がりが大切に思うのですが、
全従業員の支えにとても感謝していますし、こんな私をあてにしてくれる皆さんに感謝しています。
そんな思いに、この曲は気づかせてくれるんです。
多感で熱血漢で、少々お節介が過ぎることがある私ですが、励みになるように尽力しますので、
よろしくお願いしますね!そして、皆さんとともに結果(数字)を出していきましょうね!

★お手間おかけしますが、左サイドバーにあるBGMの動画を停止の上、ご覧ください。
★YouTube画面下の解像度アイコンで高精細に変更できます。

※スマートフォンやタブレット端末、Safariでご覧の方は、ご視聴できません。
恐れ入りますが、パソコンで当ブログをご覧ください。推奨アプリは、Internet Explorer、Google Chromeです。




kiroro 『Best Friend』

作曲:玉城千春
作詞:玉城千春

もう大丈夫心配ないと 泣きそうな私の側で
いつも変わらない笑顔で ささやいてくれた
まだ まだ まだ やれるよ だっていつでも輝いてる

時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ない
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に 何度助けられただろう
ありがとう ありがとう Best Friend

こんなにたくさんの幸せ感じる時間は 瞬間で
ここにいるすべての仲間から 最高のプレゼント
まだ まだ まだ やれるよ だっていつでも みんな側にいる

きっと今ここで やりとげられること どんなことも力に変わる
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
みんなの笑顔に 何度助けられただろう
ありがとう ありがとう Best Friend

時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ない
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に 何度助けられただろう
ありがとう ありがとう Best Friend

ずっと ずっと ずっと Best Friend

☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます。

「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンホームページへは、下のバナーのクリックで!
そうだ 京都、行こう。

四条大橋を通る市バス車窓から。
『鴨川等間隔の法則』は健在ですね。
D800_2516 1280

タクシー車窓から。
D800_2521 1280

同じく、タクシー車窓から。故、山村美紗さん(推理作家)ご自宅。
※写真にはGPSデータは入っていません。
D800_2522 1280

全て、
D800
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

或る場所って何処よ?
続きは明日3月16日未明に公開!



wao2010 at 00:01│Comments(0)TrackBack(0) 京都 | 花・自然

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
京都 ―北野天満宮― Vol.3京都 ―洛東― Vol.2