もうすぐで一年藤原紀香さん ミュージカル『キャバレー』

2012年03月11日

厳粛な思いで…

 2012年3月11日14時16分、その時を、仕事中に迎えました。営業中にもかかわらず、胸が熱くなり、
目頭が熱くなり、涙腺が緩むのを覚えました。

 約1万9千人にも及ぶ犠牲者(不明者含む)の方々に、心より、哀悼の意を表します。

 仕事から帰り、録画していた特番を見ながらも、胸が裂かれるような思いさえします。余りにも無念の死です。
巨大地震と津波は余りにも無情で残酷でした。救えなかったご家族やご近所の方などのことを思うと、
とてもやり切れない思いがなさったことでしょう。前日まで元気だった私の父が急逝したあの時の気持ちを以って、
想像させていただくだけでも、辛い思いになります。
 街は復興して元通りになったとしても、お亡くなりになった方々は決して生き返ることはないという現実。
今なお、その辛い現実と、どのように向き合っていけばいいのか苦悩していらっしゃるご遺族の皆様…。
 本日、大震災と津波から一年という節目を迎えましたが、これからもその悲しみを乗り越えていかれる訳です。
特番でも拝見しましたが、「頑張るしかない」と萎えそうな気持ちを奮い立たせて、笑顔で過ごされているのです。
そんな真摯な御姿にも敬意を表し、激励の言葉を述べたいと思います。

 巨大地震による津波の被害は、福島第一原発事故にも及びました。津波の被害を受けた方々同様に、
生まれ育ち慣れ親しんだ故郷に戻りたくても戻られない大勢の方々がいらっしゃいます。
除染作業に命を懸けている方々も多数いらっしゃいます。それらのことを、これからも忘れてはならない、と思うのです。
 特番の取材で、仲間と苦悩を分かち合いながらも、笑顔を取り戻していらっしゃる被災者のみなさんの御姿には、
感銘を受け、勇気づけられ、グッと胸が熱くなります。

「人は支え合いながら、生かされている」というのを実感しました。

 最大震度7クラスの首都直下型大地震。それは近年中に起きるのではないかと言われています。
明日は我が身という思いです。私もその地震で命を落とすかもしれません。
 生き残ったとして、果たして震度7の被災者となった自分が、どのような心理状態で、どのように生きていくのか、
今は実感としてわかりませんが、東日本大震災の深い悲しみから立ち上がり、辛いことにも向き合いながら、
力強く生きている大勢の方々がいらっしゃることを決して忘れずに、気を強くもって生きたいと思うのです。
災害ではありませんが、4歳のときに母が急逝、17歳の時に父が急逝した私に出来ることがきっとあるはずですから。

 今生きている者として、普段は何気なく思っていることでも、幸せを感じ、感謝の思いを持ちながら、
大切にしていきたいと思う次第です。



wao2010 at 23:15│Comments(0)TrackBack(0) Not categorized 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
もうすぐで一年藤原紀香さん ミュージカル『キャバレー』