CP+ 2012 ―SONY―Road with CB1300SB ―和田倉門~半蔵門―

2012年02月12日

With deepest regret,Whitney Houston.

衝撃的なニュースが入ってきました。
1985年、彗星の如く、デビューを飾り、以来、私たち自身も、その歌声に魅了されつづけた歌姫、
ホイットニー・ヒューストンの悲報です。48歳、若すぎます。
2月12日に開催されるグラミー賞の授賞式に出席のために宿泊していたビバリーヒルズのホテルにて、
前夜祭のパーティーに出席することなく亡くなっているのが確認されたとのこと。
死因などは警察にて調査中とだけで、詳細は明かされていません。

先程、仕事から自宅に帰り、パソコンでインターネットに接続して、Yahoo!ニュースで知ったのですが、
俄かには信じがたいです。彼女の熟年の一層美しい歌声を、これからも聴けるはずだったのに…。
とても、惜しいです。悲しいです。

彼女のデビュー当時、私は中学生で、高校受験を控えていながら、
MTVや、当時、福岡放送で深夜に放送されていた『Night Jack FUKUOKA』という番組で、
洋楽のPVを、憑りつかれたかのように見入っていたのですが、ホイットニーもその一人でした。
両親と祖父の期待に応えたくて、学区で最難関の公立進学校を目指しながらも、
プレッシャーに潰されそうになった時に、癒し、励ましてくれたのが、彼女の歌でした。

哀悼の意を表して、私のお気に入りの曲の一つ、"Greatest Love Of All" をBGMとさせていただきます。

ご冥福をお祈りします。

"Greatest Love Of All" 歌詞和訳

子供たちは私たちの未来
正しく教え、彼らに導いてもらおう
彼らのうちにある美しさをすべて引き出し
生きる励みに誇りをうえつけよう
子供たちの笑いに私たちの幼き頃を思い出そう

誰もがヒーローを求めている
尊敬する人を必要としているの
でも、私のニーズを満たしてくれる人はいなかった
寂しいことだけど
あてになるのは自分だけだと気付いたの

もう誰にも頼らないと決めたのは
随分と前のこと
たとえ失敗しても、成功しても
少なくとも自分の信じるままに生きたい
私から何を奪おうと
尊厳だけは奪えない

なぜなら最も大きな愛が
今私に生まれている
私の心の中で
それは息づいている
最高の愛を
勝ち取るのはわけないこと
まず自分自身を愛することが
最高の愛なのだから

子供たちは私たちの未来
正しく教え、彼らに導いてもらおう
彼らのうちにある美しさをすべて引き出し
生きる励みに誇りをうえつけよう
子供たちの笑いに私たちの幼き頃を思い出そう

もう誰にも頼らないと決めたのは
随分と前のこと
たとえ失敗しても、成功しても
少なくとも自分の信じるままに生きたい
私から何を奪おうと
尊厳だけは奪えない

なぜなら最も大きな愛が
今私に生まれている
私の心の中で
それは息づいている
最高の愛を
勝ち取るのはわけないこと
まず自分自身を愛することが
最高の愛なのだから

たとえ夢見続けてきたことが
実らなくても
愛の力を信じよう



wao2010 at 23:04│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
CP+ 2012 ―SONY―Road with CB1300SB ―和田倉門~半蔵門―