大型二輪免許技能教習大型二輪免許技能教習 ―第二段階 1~3時間目―

2011年07月29日

大型二輪免許技能教習 ―第一段階 みきわめ―

 パラパラと雨が降り、蒸し暑い今日。唯一、苦手意識があったのがS字の出口の小回り。バイクを傾けずにハンドルを切って半クラッチでアクセルを回して最小限の速度と半径で曲がるアレだ。出口は弧を描く感じじゃなく、出口のギリギリまで外周に寄せて、直角に曲がって!と指導を受けていたのだが、恥ずかしながら、S字の出口直角回りが及第点でないために、S字集中練習の補習を2時間も受けていた…。なんでまた簡単なS字なんかで手こずるか。しかも2時間も…。かなりショックを受けていたのだ…orz。クランクの出口は直角に曲がれるのに、なんでS字出口は巧く行かないのだ?相当悩んだ。
 
 普通二輪(中免)教習は補習無しストレート卒業だっただけに、かなりのショックだった…。

 今日の教習2時間の内、最初の1時間は、バランスコース(クランク、スラローム、一本橋、S字、坂道発進、垂直パイロン、障害物)全般の復習と言われていたので、是が非でも2時間目には、みきわめを受ける気合だった。

 そして今日、「金輪際、CB750に乗っているという自覚を忘れよう。ここは交差点の左折だと思おう。」と開き直ったところ、普通に簡単に小回り出来た。一本橋はもちろん10秒台でクリア。半クラッチでアクセルオンで一定のエンジン回転数に保ち、目線は一本橋を渡った先の真正面にある秒数表示板を見つめ、左右に小刻みにハンドルを動かしつつ、リアブレーキを踏んだまま引きずる感じにするというコツが板についた感じだ。スラロームも7秒以内でクリア。アクセルオフ→バンク→アクセルオンをリズミカルにやれば自然とライン取りも決まる。

 総じて、重量を感じないように、普段のCB400SFの運転の感覚で走ったのが良かったのか、今日の2時間目はみきわめだという通達を得た。

 ちょっと笑ったのが、みきわめとなった2時間目に一度だけやった8の字。まず、8の字は、走行のライン取りの為に、約2mの間隔で内線と外線の白線2本が引かれていて、その内側をグルグルと8の字を描いて回る訳だが、今日は、その8の字エリアにて、初めて普通二輪教習を受ける6名の教習が行われていた。
 8の字の内周白線に囲まれた丸の部分(直径7mぐらい)の2か所それぞれに3台ずつ普通二輪教習車(CB400SF)を整列させ、バイクの隣に立った教習生が、8の字の外周白線の外側に立っている教官の講義を真剣に聞いているのだが、その真っ最中に、8の字を描いて回るのだ。常に90度先に目線をやりながらグルグル、グルグル、グルグルと回る。教習生の足やCB400SFが目線の障害物だが、それでも、グルグルとひたすらに回る…w。8の字走行に真剣な私と、講義を真剣に聞いている教習生。この光景が、客観的にみて異様に違いないと感じたからだ。8の字を10周ほどしただろうか。大好きな8の字が、このシチュエーションだったことに、終始私は心の中で爆笑していたのは申し上げるまでもない。8の字が苦手な人にはお薦め出来ないシチュエーションだ。下手したら内側にいる教習生に追突しかねませんからね。

 今日は、AT車いわゆるビッグスクーター(650cc)の体験もあった。ビッグスクーターには全く興味がないので、車名は忘れたが、MT車と違って、ニーグリップが出来ない。アクセルを回して暫くしてから走り出す。ブレーキの遊びがなく、軽くブレーキを引くだけで、ガツンと制動が利いてしまう。これって特別仕様??
 周回を2周と垂直パイロンの低速通過1回だけの体験だったが、ビッグスクーターがこんなに運転が難しいものとは思わなかった。こんなもので、トラックとトラックの間をすり抜ける人の気がしれない。。。

 「MT車の方が簡単でしょ?(笑)」と教官。「大型二輪を取るということは、この世のすべてのバイクに乗られるってことです。買う買わないは別にして、AT車にも乗れるようにしておいた方がいいかもしれませんよ」とも。正直、絶対にビッグスクーターには乗らないと思った。

 第二段階は、法規コース。法規に沿った走行技術を身につける内容で、線路通過と波状路が加わり、右左折も若干複雑になる。普通二輪(中免)には無かった波状路。実はこれを一番楽しみにしている。

 大型二輪免許の教習生には、いわゆるリターンライダーの40代以上の男性も多い。その中で一番仲良くなった方がいる。40代半ばの男性だ。私もその人も補習を受けていたのだが、教習予約のタイミングで、私よりも一足先に第二段階に進まれていた。その方とは、教習前や教習後にも会話をし、教習中のコースですれ違う時には、目で合図したり、会釈しあったりして、励まし合って受けてきたのだが、教習後に全員集められ、「○○さん、次は第二段階ね」と言われた時は、我が事のように喜んで下さった。ちょっとしたことだが、こういった支えがとても励みになる。



wao2010 at 21:37│Comments(6)TrackBack(0) 大型二輪免許 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ComuCBFour   2011年07月30日 18:51
4 こん○○わ。
このブログ宛へは、初コメになる、ComuCBFour(Youtubeでお世話になっています)です。

小生も3ヵ月半程前に、同じ様に大型二輪教習(←規定時間で終了)を受けていて、「あ、こうだった・・・」なんて、感じています。

CB1300狙いですか・・・、あれは乗りやすそうですね。いわゆる「下からパワーが」というタイプで・・・。
小生は、"VTEC"つながりというわけでもないですが、"VFR"に乗り換えました。小回り、Uターン、街乗りがやや苦手になりました(苦笑)。

第二段階に入るとのことですが、肩の力を抜いて、教習ライフをお楽しみください。

2. Posted by Wao!!   2011年07月31日 01:51
☆ComuCBFourさん

今読んだので、「こんばんわ」ですねw

こんばんは!
Youtubeでもお世話様です。
規定時間12時間で終了ですか、それは凄いですね。

今は転勤で電車通勤になりましたが、
一日往復60kmも通勤で走っていたので、
重さに慣れたら、楽勝だろうと思っていたのですが、
慣れるまで苦労しました。
S字の出口について、トコトンと仕込まれましたしw。
まさかS字にてこずるなんて、普通二輪がストレート卒業だっただけにショックでした。

細かいところまで口酸っぱく指摘して叩きこんでくれる教官ばかりの教習所のお陰で、
いざ大型バイクデビューを果たした後でも、絶対に忘れないし、体が覚えてくれるだろうなと思ってます。

ええ、CB1300狙いです。SBかSFか迷ってますが、高速道路走行も増やすのでSBかなと思ってます。
前方にCB1300の白バイを見かけたら追走し、試しにその白バイを(捕まらない程度に)追い越してみたいですね。
3. Posted by 満天   2011年07月31日 12:09
Waoさん

教習は第二段階ですか着々と進んでますね
教習では色々と苦労はしますがあとで思えば短い時間です
教習所でしか出来ないこともありますので
色々と試しちゃってください

波状路 スタンディングポジション
最初は戸惑いますがクラッチワークとアクセルオンタイミング
面白かったですがオンロードではする機会がないですね

頑張ってください
4. Posted by CBR600Fひーちゃん   2011年08月01日 01:43
こんばんは~。
いよいよ終盤ですね~。
私もビッグスクーター嫌いですよ~。
なんか足元そわそわする・・・。
原付50ccバイクも教習所以外乗ったことないので、基本、CB400か教習所のCB750か自分のCBR600しか乗ったことないので、ビッグスクーターは怖いんです・・。

無事、卒研合格の記事がアップできるのを祈ってます~。
がんばってくださいね~。
5. Posted by Wao!!   2011年08月01日 19:30
☆満天さん

やっとこ第二段階です。今日は一気に3時間走りました。
正直なところ、走り足りません。コースを着実にこなすのに時間を費やしているような感じがしますし、教官からの指摘も少なくなって、ちょっと不安かな?
特に問題はないようなのですが。。。

教習所に通い始めた時に、僅かな限られた教習時間で、免許を取得できるというのは、逆にいえば、僅かな時間で、公道を走れるレベルに仕上げなくてはならないという自覚をすることと肝に銘じた訳ですが、そのことは絶対に忘れないようにしようと思っている次第です。

波状路、3回目ぐらいからコツを掴みました。楽しいですね、波状路(^^)
6. Posted by Wao!!   2011年08月01日 19:32
☆CBR600ひーちゃんさん

こんばんは☆
いよいよ終盤です。充分に楽しめています。

ビッグスクーターは一生乗ることはないと思います。
あんなものに乗れる自信がありません。
ニーグリップ出来ないバイクは不安ですし。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大型二輪免許技能教習大型二輪免許技能教習 ―第二段階 1~3時間目―