2019年04月07日

2019.4.4 ソメイヨシノ ―東京ミッドタウン― Vol.2

東京ミッドタウンのソメイヨシノ、4月4日撮影分の続きでございます。
この日、桜開花情報サイトで、東京ミッドタウンの桜は、「満開」となっていましたが、実際には「散り始め」でした。
先日の目黒川のソメイヨシノの撮影では、「7分咲き」の情報を見て、撮影タイミングは、この日が一番と思い
撮影に行き、花びらが舞うことのないソメイヨシノの撮影が出来て納得できました。

「満開」の情報が出た時は、花びらの付け根が赤く染まっていて、一部散り始めていることが多いです。
散り始めの撮影を回避したければ、「7分咲き」が狙い目かと思います。


写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_4953_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4959_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4961_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4962_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4973_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4978_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4982_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_5005_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_5018_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_5023_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_5028_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED



wao2010 at 00:34|PermalinkComments(0) 花・自然 

2019年04月04日

2019.4.4 伝統の一戦 巨人vs阪神 3回戦 ―東京ドーム―

このブログにて読売ジャイアンツ(巨人)について触れることはありませんでした。
と申しますのも、プロ野球好きながらも、2002年を最後に、松井秀喜氏が巨人を去り、メジャーリーグに行ってしまって以来、めっきりプロ野球を観なくなっていたからです。
王貞治氏が巨人の3番バッターで現役の頃が私が小学生になる頃で、その時からの巨人ファンでした。語り出せば、数々の思い出のシーンがあるわけですが、ここでは割愛いたします。

ふとしたことで、2018年から、再びジャイアンツ熱が湧きあがって来て、昨年は、
5月30日の交流戦(対日ハム) ○ 9-8
6月8日交流戦(対西武)● 4-5
7月5日対横浜DeNA   ●4-6
9月11日対ヤクルト  ●1-4
9月22日対ヤクルト  ○5-0 (菅野、完封勝利。9月22日付で、シーズン6完封)
9月29日対広島    ●7-8
11月9日侍ジャパン対MLBオールスター ○7-6 (柳田のサヨナラホームラン)

を観戦しました。

そして、今年も、原辰徳監督率いる巨人の試合を、可能な限り観戦しようと意気込んでいまして、早速、伝統の一戦、阪神との3回戦を観戦したのでした。
大卒ルーキーの高橋優貴は、堂々としたピッチングで、6回を坂本誠志郎のソロホームラン含めて被安打4の1失点に抑え、
打線は、1回裏に岡本のツーラン、4回裏に坂本勇人の3ラン、5回には、岡本の今日2本目のソロホームラン、亀井のソロホームランという二者連続アーチが飛び出すなど、
15安打で10対1で圧勝しました。
4番岡本、昨年、私が東京ドーム観戦した時(日米野球含め)、ホームランを打つことがなく、坂本勇人のホームランは3本、田中俊太のを2本、
マギーの1本を見るに留まりましたが、今日は、岡本のホームランを2本も見られ、亀井との二者連続ホームランも見られて、エキサイトしました。

IMG_1528 draft


【岡本2号HR】

okamoto2

okamotohr2

okamotohr2-3


【坂本1号HR】

sakamoto1

sakamotohr1-1

sakamotohr1-2


【岡本3号HR】

okamoto3

okamotohr3-1

okamotohr3-2


【亀井1号HR】

kamei1

kameiihr1-1

kameiihr1-2



wao2010 at 23:55|PermalinkComments(0) Not categorized 

2019.4.4 ソメイヨシノ ―東京ミッドタウン―


数日続いた冬型の気圧配置が緩み、春の暖かさが戻ってきました。
夕方からは、東京ドームでの伝統の巨人阪神戦の観戦を控えていたので、それまではソメイヨシノの撮影を楽しんだのでした。

花冷えのお陰で、満開が長引いるようで、一昨年は、ほとんどが散っていて残念な思いをした東京ミッドタウンに行きました。
ちょうど散り始めた頃でしたが、春うららかな快晴の空のもと、咲き誇るソメイヨシノに癒されたのでした。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_4926_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4927_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4940_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_4944_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_4947_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_4949_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD


次回に、続く・・・

IMG_1528 draft



wao2010 at 23:32|PermalinkComments(0) 花・自然 

2019年04月03日

2019.4.2 染井吉野 ―飛鳥山公園―

昨日のこととなりますが、5月1日の天皇陛下即位に伴う新元号は「令和」になると発表がありましたね。
仕事先でスマホのYahoo!アプリのニュースで知りましたが、「令和」の第一印象は、文字の見栄えよく、
「Reiwa」という綺麗な読音で、とても素敵に感じました。

日本古典からの典拠は初めてで、「万葉集」の万葉集の梅の花32首の序文、

「初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」
初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す

「令和」に込められた意味は、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように、
日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように」というものだそうです。
安倍総理大臣は、「世界で一つだけの花」という歌も引用し、国民一人一人がそれぞれの花を咲かせるように、ともおっしゃていました。
とても勇気づけられますし、新しい元号「令和」を機に、新しいことにチャレンジしたり、苦手なことを克服したり、前を向いて歩んで行きたいなと思いました。
候補となった他の5つも発表になりましたが、「令和」が一番ですね。

さて、4月2日、東京は花冷えの一日、飛鳥山公園に行ったのですが、突然の雨に遭うなど、不安定な天候でした。ここでは、通り雨が止み、
青空が広がってからの写真をお披露目させていだだきます。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_4800_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_4854_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_4859_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

DSC_4875_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4880_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4884_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4897_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD


DSC_4906_00001
D810
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD



wao2010 at 23:54|PermalinkComments(0) 花・自然 

2019年03月31日

2019.3.29 染井吉野 ―目黒川―

この日、生憎の曇り空ながら、目黒川の染井吉野は7分咲きを迎えていました。
平日ながら、中目黒駅はごった返し、中目黒駅正面改札から目黒川へ向かう山手通りの横断歩道は
警備の方々で横断規制がなされていました。
目黒川方面は時々行っていましたが、目黒川の染井吉野の花見は初めてでした。
7分咲きでまだ蕾も目立つものの、その豪華絢爛に咲き誇った染井吉野を見て、凄いと思いましたし、
人の多さにも驚きました。有数の桜の名所というのがうなずけますね。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


IMG_1347


DSC_4575_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4585_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4588_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4597_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4602_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

ドラマやテレビ中継でもお馴染みの、中の橋です。昔、弟がこの橋の近くに住んでいたのですが、
この中の橋、染井吉野とのコラボが良いですね。

DSC_4613_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4620_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4629_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4632_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4642_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

DSC_4654_00001
D810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED



wao2010 at 01:38|PermalinkComments(0) 花・自然 

2019年03月03日

CP+2019

3月1日、CP+2019に行ってきました。
ニコンのコーナーはZマウントが大々的に訴求されていて、、実演機体験コーナー展開されていました。
私的には、D850追加購入を検討していて、ミラーレスは興味はあるものの、光学ファインダーの一眼レフが
使い勝手含めて良いと思えるのでした。考え方が古いのかしら。。。

タムロンレンズ、90mmマクロレンズも、私のは旧式になってしまっており、買い替えをしたく思うのでした。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


IMG_0961 1920
iPhone7

DSC_4536_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4555_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4565_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4566_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

DSC_4571_00001
D810
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



wao2010 at 23:30|PermalinkComments(0) CP+2019 

2019年02月26日

2019.1.1 東京国際空港(羽田空港)

多忙というのもあって、ブログ更新が儘ならず、今年2019年1月1日に撮影いたしました、羽田空港での写真をアップロードいたします。

この日、北西、北北西の風だったのが、14時過ぎから、南南東の風向きになり、羽田空港での撮影では、私自身初めてランウェイチェンジを経験しました。
つまりは、飛行機は、向かい風で離着陸しますので、北の方向に離着陸だったのが、南の方向に離着陸に変更になったのです。
向きが変わるだけならよかったのですが、第二ターミナルビル側の離着陸が減り、第一ターミナル側の離着陸が増えたようで、ちょっとがっかりでしたが、
なにはともあれ、これまで撮影したのとは違う写真を撮られたのは、収穫でしょうか。


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_3965_00001

DSC_3970_00001

DSC_3988_00001

DSC_3997_00001


…14時過ぎ、風向きが変わった。


IMG_9482

DSC_4014_00001

DSC_4022_00001

DSC_4024_00001

DSC_4133_00001

スターウォーズの飛行機は、第一ターミナルでの離陸に向かったのでした。残念。

DSC_4153_00001

DSC_4199_00001

DSC_4215_00001

DSC_4227_00001

DSC_4308_00001

全て、
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR



wao2010 at 23:28|PermalinkComments(0) 航空機 

2019年02月01日

2019.2.1 文京シビックセンターでの平成最後のダイヤモンド富士

2018年の2月のダイヤモンド富士は曇天のため、行きませんでした。
昨日は一時雪が降る天気でしたが、今日は西高東低の気圧配置で気温も低く、北風が強めで、
ダイヤモンド富士が期待できるので、恒例の文京シビックセンター25階の展望ラウンジへと足を運びました。
辿り着いたのが、13時40分頃。富士山も良く見えていました。
2年前の文京シビックセンターのダイヤモンド富士の時には、前もって2月1日と2日に希望公休申請を出して
休みましたが、今日は、申請なしで、たまたま休みとなっていて、ラッキーでした。

2017年2月2日のダイヤモンド富士(右寄り)⇒ ここをクリック


☆写真は、サムネイルをクリックして、拡大してご覧になれます!

※撮影設定の詳細については、Exif Quick Viewerをお使いになれば、
写真拡大後の写真上、「右クリック」、「Exif Quick Viewerを起動」で確認できます(Internet Explorerに限る)。

※フルHD以上のパソコンでは、Internet Exploreの画面解像度が約120%拡大表示されるように初期設定されている場合があり、
写真が実際の画素数以上に拡大表示され、解像感が落ちてしまいます。
写真をパソコンにダウンロードしてご覧いただくか、Google Chromeでご覧いただくと、等倍拡大になりますので、
高精細画質をお楽しみいただけます。

☆Windowsパソコンで、Safari以外のブラウザでご覧になられますと、当ブログに埋め込みのYoutubeの音楽を聴きながら、写真をご覧になれます


DSC_4361_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4362_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4370_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4379_00001_01
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

IMG_0421

IMG_0427

IMG_0431


富士山上空に雲はないのですが、みるみるうちに富士山の手前に雲が広がり始めたのです。
これには、ダイヤモンド富士を見に、撮影に来ている私たちからは、ため息が出ていました。
あの雲、流れてくれないかと。東京の風ですが、風速3m/s程度に弱まっていて、すぐには雲は流れないことは、
想像ついたのですが、それを願うばかりでした。

DSC_4388_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4391_000_01
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4395_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4411_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4424_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4435_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4442_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4455_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4489_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4490_00001
D810
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

DSC_4499_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

DSC_4502_00001
D810
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED



今年11月もしくは、また来年2月ですね。



wao2010 at 23:58|PermalinkComments(0) 夕景・夜景